街の伐採木の回収・木材化実績


工事現場などの伐採現場から回収した木々は、2016年現在、約100種。 直近の3年間で回収した材積(丸太材積)は27㎥を越えています(直径30cm×長さ2mの丸太に換算して170本分相当)。

製材から乾燥、加工までを自身で行うことにより、木材として通常活用されることがなく、製材所などの専門業者にもノウハウがない種々雑多な街の木々の活用ノウハウを蓄積しています。

これらの木々の一部は既に、家具や雑貨、建築材、ワークショップで使う木材等に加工され、私たちの街に戻って来ています。乾燥中の材や未使用の材たちも、大切に保管され、再び街に戻る機会が来るのを待っています。


2016年

ソメイヨシノ 直径85cm、 世田谷区南烏山(建設工事)

スギ 直径20〜30cm、ムクノキ 直径30cm、ヒバ直径30cm、フジ 直径12cm、ビワ 直径10cm、
世田谷区(建設工事)

ヤマザクラ 直径30〜60cm、シデ 直径25〜30cm、エンジュ 直径35cm、クヌギ 直径30cm、シラカシ 直径20cm、 稲城市(緑地整備)

クロマツ 直径70cm 世田谷区大蔵(道路工事)

楠(クスノキ) 直径20〜50cm 調布市(庭園整備)


2015年

エンジュ、モッコク、トウカエデ、ムクノキ、マテバシイ 直径20〜40cm 世田谷区(庭園整備)

ヒノキ 直径40cm 調布市(庭園整備)

ヒマラヤ杉 直径65cm 建設工事 国立市(建設工事)

プラタナス 直径70cm 国立市(建設工事)

モチノキ(Φ20cm)、キンモクセイ(Φ15cm)、チャボヒバ(Φ10cm)、ツツジ、クサボケ、ヤツデ、 世田谷区喜多見(建設工事)

ミズキ(Φ35cm)、カキ(Φ35cm)、ウメ(Φ30cm)、シュロ(Φ10cm)、ナンテン  
世田谷区喜多見(建設工事)

カヤ(Φ30cm)、世田谷区(庭園整備)

アカマツ(Φ30〜70cm)、スダジイ(Φ40cm)、モミ(Φ30cm)、世田谷区粕屋(建設工事)

カエデ(Φ20)、世田谷区(建設工事)

アカガシ(Φ50cm)、クロマツ(Φ50cm)、ケヤキ(Φ40cm)、ツバキ(Φ10cm)
大田区田園調布南(建設工事)

2014年

ゲッケイジュ(Φ10cm)、世田谷区(庭園整備)

クスノキ(Φ40cm)、調布市(建設・道路工事)

エノキ(Φ100cm)、サクラの一種(Φ45cm)、山桜(Φ30cm)スダジイ(Φ50cm)、クリ(Φ50cm)、ナツミカン(Φ25cm)、サルスベリ(Φ25cm)、ビワ(Φ20cm)、サザンカ(Φ15cm)、ウメ(Φ15cm)、カクレミノ、ツバキ、ナンテン、ヒイラギナンテン、ヒサカキ
世田谷区桜新町(建設工事)

ケヤキ(Φ45cm)、調布市つつじヶ丘(庭園整備)

ケヤキ(Φ30cm)、狛江市(個人邸、庭園整備)

ヒッコリー(Φ25cm)、東大和市(個人邸、庭園整備)

〜2013年

山桜(Φ60cm)、シデ(Φ45cm)、モッコク(Φ25cm)、カキ(Φ20cm)、カリン(Φ20cm)、サザンカ(Φ15cm)、アオキ、山椒、昭島市(個人邸、造園工事)

ソメイヨシノ(Φ45cm)、調布市つつじヶ丘(集合住宅、庭園整備)

プラタナス(Φ30cm)、世田谷区駒場(庭園整備)

トウネズミモチ(Φ30cm)、世田谷区粕屋(庭園整備)

桜の一種(Φ40cm)、世田谷区(庭園整備)

ケヤマハンノキ(Φ30cm)、世田谷区(庭園整備)

キンモクセイ(Φ10cm)、世田谷区上北沢(庭園整備)

カキ(Φ30cm)、ソメイヨシノ(Φ30cm)、ミカン(Φ20cm)、世田谷区北烏山

イチョウ(Φ40cm)、杉並区(街路樹伐採)

キンモクセイ(Φ15cm)、世田谷区(建設工事)

クリ(Φ30cm)、アキニレ(Φ20cm)、コウヤマキ、世田谷区(庭園整備)

ビワ(Φ10cm)、世田谷区上北沢(庭園整備)

山桜(Φ35cm)、青梅市(庭園整備)

シデ(Φ30cm)、 世田谷区(庭園整備)

シラカシ(Φ30cm)、世田谷区(建設工事)

※関係者のプライバシーや諸事情により掲載できない案件や、一回の回収量が0.18立米(概算で直径30cm×長さ2m相当)に満たない案件については一部を除き掲載を省略しています。


街に戻った木々、作品・事例紹介

Cafe aona
 
街の伐採木12種類を活用した大型施設
街の木の家具
 街で伐られた木を素材として製作した家具
街の木の雑貨
 街で伐られた木を素材として製作した雑貨
街の木のテーブルウェア
 街で伐られた木を素材として製作した食器



←もどる